徹底分析!住宅ローンはどんなプランがお得?

返済年数と金利からプランを決めよう

家を建てたり購入したりする際に、大半の方が利用するのが住宅ローンです。住宅ローンは、借りる額が大きいこともあり、プランの選択を間違えると、トータルでの返済額で百万円といった大きな差が生まれることがあります。そこで、住宅ローンのプラン選びは、最新の注意を払て選ぶ必要があります。プランとしては、大きく分けて3つあり固定金利プランと変動金利プラン、そして、これらの固定と変動を組み合わせたプランです。どのプランにしたら良いかは、返済予定年数と金利から計算してゆくことで判断できます。返済予定年数が35年と長期に渡るようであれば、景気の動向に左右されない固定金利プランがおすすめですが、最初の数年は変動というタイプのものも金利を抑えられるのでおすすめの選択肢になります。

将来の景気の動向も予想することが大事

住宅ローンを借りる際には、将来の景気の動向を予想することがとても重要になります。住宅ローンでは変動金利の場合、景気の上下に合わせて金利が上下する仕組みになっているからです。例えば、変動金利で今現在、1%だとします。もし、翌年、景気がよくなった場合、金利が2%や3%になることもあります。1%金利が上がっても問題無いとお考えの方、それは間違いです。もし。3000万円の住宅ローンの場合、年間で30万円返済額が違ってきます。これは、返済する年数が増えれば増えるほどさらに加算されてゆくので注意が必要です。景気の動向の見極めは確かに難しいことなんですが、政府が発表している指数等を見て、できる範囲で予想をたてて住宅ローンのプランを選ぶ事がローンの返済額を抑えるのに必要なことです。