どんな人が通る?住宅ローンの審査の基準とは

個人の信用情報にキズが付いていない方

住宅ローンは他のローンと比べても高額融資を受ける事ができるローンになっています。その為、他のローンと比較しても厳しい審査になるケースが多く、銀行は慎重に融資を行っているのが実態です。どんな人でも通る訳ではなく、基本的に個人の信用情報にキズが付いていない方に限ります。
過去に債務整理を行っている方もしくは遅延や滞納を繰り返し発生させている方は、残念ながら個人の信用情報が著しくキズついている恐れがあります。そのような状況になっている方は、ある程度の期間を待たないと個人の信用情報を回復させる事ができないです。個人の信用情報は一定期間経過すれば、少しずつ回復しているので、キズついているのが分かっている方は待つ事が大切です。

安定した雇用形態と収入は必要不可欠

安定した雇用形態として、正社員の雇用形態で働いている方は他の人と比較しても住宅ローンの審査に通過しやすいです。その他にも職業内容をチェックされるので、会社員や公務員など毎月の収入が安定しやすい職業の人は、銀行に好印象を与えやすいのが実態になります。逆に毎月の収入が安定しない職業もしくは命のリスクがある職業は、急に返済できなくなる可能性がある為、敬遠されやすいです。
また安定した収入を確保していないと職業に問題が無くても住宅ローンの融資を受けるのが厳しくなってしまいます。職業や仕事内容に加えて、収入の問題をクリアしないと審査で残念な結果になりやすいので、万全の準備をする事が重要なポイントになります。